スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

個人的覚え書き(と言う名の無駄知識)

日に日に早くなる日の入りや、朝晩の冷え込みに深まる秋を実感しつつあるシャリですこんにちは。

今回はRFについてこれっぱかしも触れない内容なうえに、人に見せるというより、私自身が忘れないために書くようなものなので
『内容がつまらん!』『てか、そもそも読みにくい!』
等の苦情は受け付けない方向です、興味のない方は『続きを読む』を開かずすっ飛ばしてくださいませ。

見ちゃったからには自己責任でお願いします(*゚∀゚)

先日の日曜日うちのリオクさんと出かけたんですが、出先でなにやらイベントをやってまして
『なんだろねぇ』
と思ってみてたらとんがり帽子(魔女なんかが被ってるあれです)被った人やら、白雪姫のかっこした子供やらがいて
『あー、ハロウィンってやつかね』
と納得したのは良いんですが
『そもそもハロウィンって何の祭りよ?』
って話になりまして、お互いいまいち内容についてわからなかったわけです。

で、そうなると私の性格上『分かったところで何の徳も無いが、わからないと気持ち悪いこと』については調べないことには気が済まず、グーグル先生に『ハロウィン Wikipedia』で早速お伺いを立ててみることに。

結果、サックリ答えに行き着きまして、グーグル先生やらWikipediaやらがある文明の利器に感動してみたり。(これが一昔前だと、図書館行くなりして紙媒体を自分で探さなきゃでしたからねぇ)


このお祭りってのはどうもキリスト教の『諸聖人の日』(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる行事らしく、諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)がなまってHalloweenと呼ばれるようになったそうで。

もともとは古代ケルトのドルイド教の収穫祭がキリスト教に取り入れられた物なようです。
古代ケルトの一年の始まりは11月1日で、その前晩10月31日は死者の霊が家族の元を訪ねたり、精霊や魔女が出るというのでそれらから身を守るために仮面を被ったり、魔除けの火を焚いたとか。


・・・要するにこれ、大元は日本で言う大晦日にお盆が重なったようなお祭りだったんですね。(文字通り盆と正月が一緒に来るようなもんですか)


でまぁ、ハロウィンといえばあのカボチャ『ジャック・オー・ランタン』ですが、もともとの祭り発祥の地であるアイルランドや英国ではカボチャじゃなくてカブを使うんだそうで。
(そもそも、日本で一般的に知名度を得ているハロウィンはアメリカに移民した人々の間で広がったスタイルらしいですね)
カボチャになった理由は移民早期にはカブが手に入りづらかった為、カボチャで代用した等の説があるようです。


あと、ハロウィンといえば『トリック・オア・トリート』の習慣は"souling"っていうヨーロッパの習慣から発展してきているようで。
この"souling"という習慣は、11月2日の『死者の日』に「魂のケーキ(soul cake)」を乞いながら村々を歩き、物乞いをする際、亡くなった親類の霊魂の天国への道を助けるためのお祈りをすることを約束するってもので、これも大元のケルトの祭りの際、徘徊する幽霊に食べ物やワインを残しておくっていう習慣に代わるものとしてキリスト教側が推奨したとか。
で、それがさらに『お菓子か、いたずらか』へと変化を遂げたようですな。


いやー、また一つ無駄な知識が貯えられてスッキリです(*´∀`)

ここまでダラダラと書いといてあれですが、冒頭のグーグル先生の検索語を入力すればここに書いてある事は全部そっちで見られるんですけどね



・・・まぁ、私にとってカボチャって言ったら冬至の日に煮付け作って食べる物なんですけどね(*´д`)
スポンサーサイト
category
徒然

Comment

あー、勉強になったw
ハロウィンって、最近になって騒がれてるけど、結局なんの祭りか知らなかったんですよ。

しかし、日本人の「楽しいところだけをとって騒ぐ」という習慣はどうも節操内容思えてしまいます(;´Д`)

姉の買っている某女性ファッション誌みてちょっとガーン。

「クリスマス前に彼におねだりジュエリー・愛されジュエリー特集」

こんな高いもん買ってもらったうえに愛されるんじゃない!!(;´Д`)

・・・・・orz 60万て・・・。
  • 2006⁄10⁄31(火)
  • 01:25

>>カラネジさん
私が調べた理由も必死で根付かせようと騒いでる割に
根付いてないのはどういうこっちゃ?が出発点だったりします。

思うに、日本にこれと類似する祭りが無い、ないしあったとしても時期が合わないなどが理由かなーと。

その辺さえあっちゃえば美味しいとこ取りで受け入れちゃう節操無しが日本人ですからw
(これはこれで宗教に変に執着が無くて良いとも思うんですけどね)

しかし…おねだりって額じゃないでしょ60万は…(;´д`)
  • 2006⁄11⁄01(水)
  • 02:18

なるほどねー

なーんとなくしかわからんかったからね・・・
なんか最近クリスマス飾りみたく 家の周りにカボチャやらで飾りつけしてる家とかあってね・・・
なーんかすっごく違和感あった。

最近の子は学校やらでその手の行事を教わるのかね
それとも親が率先してやってるのか・・・
まぁ日本にあるお祭りと似てるのが無いからなー

クリスマスツリー→門松&七夕飾り
クリスマスプレゼント→お歳暮
・・・あとなんだ
  • 2006⁄11⁄01(水)
  • 17:58

Trackback

http://sharizm.blog68.fc2.com/tb.php/59-04598cfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。