スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

桜咲く

隣は何を する人ぞ それにつけても 金の欲しさよ
混ぜるにも程があるだろって言われそうですが、私は謝らない。
ここ数日の寒暖の差に色々言いたいことがあるシャリですこんばんは。

今日は思いのほか時間ができたんで、ちょっと前に言った好きな作家さんの羅列でもしてみようと思うですよ。
長くなる可能性もあるんで、興味のある人は“続きを読む”をクリック!(胡散臭いなぁ)
ハイ、そんじゃダラダラと。誰が読むんだこれってのは言わない。
まずは
芦名野ひとしさん
えー、大好きな作家さんです。『ヨコハマ買い出し紀行』はどれか一作品だけ薦めろって言われたら薦める作品です。
そりゃもう、全巻揃えてるにもかかわらず、愛蔵版買うくらいには好きです。
『カブとイサキ』も同じくお薦め。この方の作品の空気感は嵌まる人は嵌まること請け合い。
お次
おがきちかさん
なんてーか、この方が同人でFE物書いてる頃から好きです。『Landreaall』は1巻から通しで読むと面白さが増します。最新が15だけど、そこまで一気に読んでも長いって感じません。
独特のタッチと人物描写がシャリは大好きです。イオン可愛いよ、イオン。
次ー
藤たまきさん
この方も好きになってからが長いなぁ。高校の頃からだからかれこれ・・・まあ、年数はさておき。
いわゆるBL畑の人ですので広く一般に薦められないんですけど、でも『私小説』と『桜並木袋小路』は良いです。
この人もやっぱり心理描写と語り口がシャリの人は波長があうんですよねぇ。
次々
西炯子さん
この人も藤たまきさんと同じ頃から好きな作家さんの一人。一応もともとはBL畑の人かな。それ以外もいっぱい書いてますけど。
とりあえずSTAYシリーズの『お手々つないで』と『少年』は読んどけ。山王みちるが可愛いから。
初期の『水が氷になるとき』とか『僕は鳥になりたい』辺りは読む時を選びます。自分が落ち込んでるときに読むのは激しくお薦めできないかも。人によってはもってかれます。私は鈍感なんでそういう事ないですけどね。
お次ー
岩明均さん
なんと言っても『寄生獣』これは漫画読む人間なら読んどいたほうが良いってくらい名作だと思うですよ。
もう、とにかく読んで。読めば私が言葉費やすよりよっぽど簡単に面白いって分かるから。
時に『ヒストリエ』の新刊はまだですかいのぅ。
つーぎー
幸村誠さん
比較的最近になって好きになった作家さんかな。順番的には『ヴィンランド・サガ』から『プラネテス』かも。
プラネテスはところどころ間延びと言うか、個人的には引っかかるところもあるけど十分読み応えのある作品です。
ヴィンランドサガはこれからどーなるんだろねーって感じ。どっちも面白いよ?
つぎつぎー
中村明日美子さん
最近のメガヒットな方。かなり癖のある耽美系の絵柄は人を選びますが、話作りがとにかくうまい。
『コペルニクスの呼吸』でラストにこっちの思い込みをいい意味で思い切りひっくり返されて以降、大好きに。
『Jの総て』も実に良作。ただ、この辺は本気で好き嫌いが分かれるジャンルなのでなんとも。
『片恋の日記少女』『曲がり角のボクら』辺りは一般の人にも薦められるかなぁ。個人的には『2週間のアバンチュール』も薦めたいですが。
おつぎー
篠房六郎さん
『空談師』『ナツノクモ』なんかを書いておられる方ですね。最近だと『百舌谷さん逆上する』ですか。
話の作り方とか大好きなんですけど、この人の漫画はとにかくやたらネームが多いと言うか詰まってると言うか。
百舌谷さん辺りはギャグのはずなのに、ページを埋め尽くすネーム読むのでしんどいって言うね。いや、大好きですよ?
絵は上手いんだけど、いわゆる「萌え」な絵はダメと言うか、女性書いてもなんか堅そうなんだよねぇ・・・w
頑張れしのふー。
さらに次ー
志村貴子さん
『青い花』!以上!
さすがにこれじゃダメだと自分でも思うです、ハイ。でも青い花が大好きです。あーちゃんもふみちゃんも可愛いねぇ。
私は青い花のほうが好きなんですが、相方は『放浪息子』のがお気に入り。放浪も面白いね。
青い花の新刊はまた一年先かぁ・・・
お次はー
三浦健太郎さん
言わずと知れた『ベルセルク』の方。あの書き込み量は正直異常。褒めてるですよ?
どっかの漫画でベルセルクを1~12巻までと14巻からを読ませるってのがあったけど、あれやられたら嫌だろうなぁw
頑張り過ぎない程度に頑張って欲しいですねぇ、完結するまでに作者が亡くなってしまうっていう事態が起きない程度に。
グインがそうなっちゃいましたしね・・・栗本先生のご冥福をお祈りします。
ねくすとー
塩野干支郎次さん
最初書店で『ブロッケンブラッド』を見かけたとき、正直「これはまた騙される系かなぁ」と思ったんですが、いい方に裏切られました。これがあるからオタクの道からはなかなか抜けられない。
個人的にはギャグ書いてるときのほうが好きな作家さんですね。
桜子ちゃんの暴言マジ最高!
・・・はい、次
石川雅之さん
『もやしもん』な方。最近だと『純潔のマリア』もですね。やっぱりこの人も書き込み量がおかしい。あと足フェチ。
正直、螢が女装しなかったらここまで読んでたかはちょっと微妙ですけど、でも螢が女装してるので良し!
螢可愛いよ、螢。自分でも分からない情動で惣右衛門ぶん殴る螢が素敵。
たまたまとは言え女装物が続くってのもどうなんだ私・・・w

なんかここまで書いた以外にもいっぱい好きな作家さんが居る気がするんだけど、ざっと見返したら無駄に長くなってるのであと思いつくままに。
竹宮恵子さんの『風と木の詩』、萩尾望都さんの『11人居る!』、高橋葉介さんの一連の作品群、この辺も読んで損はないものばっかりです。
CLAMPの『カードキャプターさくら』はいい物です、相方はでかくなった小狼は気に入らんと言ってますがw
ほかにもいっぱいある気がするんですけどね、年取ると物忘れがひどくっていけません。
また思いついた時にこれも読むと良いよーってのも突然書くかもです。

あと、番外って言ったらあれですけど
唐沢なをきさんも一応あげとくかな。
高校の時初めて相方の家に遊びに行って、その時に彼から「こんな漫画があるんだ」って見せられたのがこの人の『カスミ伝』。それも「忍法目玉に針」のシーン。
その時素直に「あー、この人変わってんなー」と思って興味を持って以来、なんだかんだと今日まで続く腐れ縁。
ある意味私たちの関係のきっかけなんですが、正直こんな色気もへったくれもない変なきっかけはいやだよねw

案の定長くなったわけですが、ここまで律儀に読んでくれた奇特な人って居るんかねw
ここまでちゃんと読んでくれた奇特な人には多謝、多謝。

そんなこんなで、書く前にまとめずに思いつくまま書くとこんななっちゃうよね。なシャリでした。
スポンサーサイト
category
徒然

Comment

Trackback

http://sharizm.blog68.fc2.com/tb.php/290-9396c802

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。