スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

不快指数が

高くて嫌になる日々が続いております。
にしても、ここ数日の雨は東北の地震の被害にあわれた方には泣きっ面に蜂な感じですねぇ
被害が拡大することなく、復興が進むことを祈るばかりです。

とまぁ、いまいち固さの抜けない書き出しでこんばんは、シャリの中の人です。

今回はRF一切関係無しのオタの戯言なので興味のない方はここまでにして下さいねー

はい、開いたからには自己責任。

いやね、今回の日記は週末に買った漫画のカバー裏とあとがき漫画に書かれてたことを読んでその感想というか、何と言うかね。

そのあとがき漫画の書き手さんが大学時代の漫研にちょっと顔出して、そこに来てた新入生やらなんやらの話を書いてたわけですよ。
色々はしょりますけど、最近の若い衆は「なろうかな」って感覚でオタクになれちゃうそうですよ。

なんかねー、この話聞いてそれを書いた人と同じ感想を持ったわけですよ、私なんかは。
私の感覚からすると、オタクなんてものは「なろうかな」でなるものじゃなくて、気づいたら「なっちゃってた」物ってのがどうしてもあるんですよ。

それまで周りの同級生やらなんやらと同じ陽のあたる散歩道を歩いてたと思ってたのに、ある時ふと振り返ったらそこには同じ道を歩いてたはずの連中はほっとんど居らず、自分の居場所を見たら居心地は決して悪くはないけど、どう考えてもお天道様の下を大手振って歩けない生暖かい泥沼に肩までどっぷり浸かってる。
この生暖かい泥沼ですけど、周りを見ると首までどっぷり浸かってるようなのもいて、それを見て自分はまだ平気と安心してみたりするわけです。
そんな安心感を得たところで、世間から見たらどっちも同じお天道様のもとを歩けぬ日陰者には変わりないわけですけどね。

これが私のオタクのイメージです。当然、自分も含みます。

でまぁ、自分が日陰者だってのは世間からの扱いやら色々から身に沁みてますから、日陰でこっそり生きてますんで、ぜひともそちら側の方々もこっちなんぞ気にせず健康的に生きてて下さいって思うし、こちらからも日向にいる人達に我々を認めろなんぞと益体もないことを言い出したりもしなかったわけです。

お互い不干渉なら衝突もしないですからね。

そもそも理解してくれることもないし、理解して欲しいとも思わないことで衝突して自分の趣味に耽溺する時間を浪費するとか無駄なこと甚だしいですし。

でも、どういうわけかある時期からオタクが変に世間に認知されはじめ、オタクカルチャーを認めろ!オタクは世界に誇るべき文化だ!とか寝言抜かし始めるオタクが沸き始めた気がするんですよね。

ほんと、分を弁えろと言いたい。

私らオタクなんてもんは、良い年してゲームやったり漫画読んでたりする日陰者なんだって自覚を持ちなさいと言いたい。ましてや、物を作る側がもうちょっと認めて欲しいって言うのなら分かるが、完全に消費する"だけ"の人間が我々もカルチャーの担い手だと抜かすに至っては片腹痛いは正露丸ってなもんで。

こういう人らはあれですかね、世間様が認めてくれないと自分の好きなことも好きになれないんですかねぇ…。
世間がどう言おうと、公序良俗に反せず、公共の福祉を害さないならどんな趣味を持とうがこっちの勝手だと思うんですけどね、私なんかは。

まあ、ダラダラと垂れ流して何が言いたいかと言えば、私はこれからも日陰でこっそり生きてきますんでよろしくネッ☆ミってことだけなんですけどねー



パルさん以外にはそれこそ意味不明だろうが敢えて言う

りっちゃん誕生日おめでとう!

次はりっちゃん繋がりでメガネについてでも語るかな…w
スポンサーサイト
category
徒然

Comment

Trackback

http://sharizm.blog68.fc2.com/tb.php/189-6003b5b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。