スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

カントリーロード

薬飲んだらいやになるほどあっさり風邪が治ったシャリですこんばんは。
まったくこの体は頑丈なんだか、貧弱なんだか。

これからさらに冷え込みも厳しくなりそうですし、乾燥もしてきそうですから皆さんも風邪やインフルエンザには十分お気をつけ下さいね。

今回もRFの話はほぼ無いと思われます、あしからずご了承下さいませ。

私はPC使って作業してる時、コンポ使って音楽流してることもあるんですが、最近だとつい面倒がって某ニコ○コの作業用BGMタグから適当なのを選んでバックに流してたりします。

でですね、こないだその中からジブリの音楽集を適当にチョイスして流してたら無性に『ジブリ作品が見たいスイッチ』が入っちゃいまして、DVD引っ張り出して見はじめちゃったわけですよ。

見たのは『耳をすませば』なんですけどね。

いやー、やっぱ良いですな、この作品は。
見てるこっちが身悶えしたくなるような青い春ですよ、こんちくしょうw
こういうのを見て純粋に良いなぁと思えるようになっちゃったのは年取ったからですかねぇ。

私の中でジブリ関連の好きな作品トップ3に入る勢いですな。
今度の連休は撮り貯めてある『ラピュタ』『紅の豚』でも見てジブリ漬けにでもなりますかな。

しかし、この作品を見るとつくづく思うんですが、近藤喜文さんがまだ47歳の若さで亡くなったのが惜しまれますね・・・。


半ば親の七光りで原作付きをいきなり監督やって、切ない出来にしちゃったどっかの二代目とか、父親の代表作の一つをテレビアニメにした際にトンデモ改悪やらかしたどっかの二代目とか、そういう人材に与えられた時間を近藤さんに譲って欲しかったと言ったら言いすぎですかね。

とりあえず日テレでやってたBJのアニメは、和登さんが準レギュラークラスだったこと以外に価値が無いと思っとります。


その理由はかなりダメだろう>(゚д゚ )

(∩゚д゚)<アーアー、聞く耳もたなーい
スポンサーサイト
category
徒然

Comment

あのBJはラルゴが生きてる時点でもうね・・・
  • 2007⁄11⁄23(金)
  • 20:01

>>りおく
ラルゴ以外にも死んだはずのキャラが生きてるのが普通だったからな・・・
あれじゃ本間先生の有名なセリフが出ても重みもなんもないよなぁ
  • 2007⁄11⁄23(金)
  • 20:46

Trackback

http://sharizm.blog68.fc2.com/tb.php/151-f443a493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。